充実した安全装備

近年目覚ましい発達を遂げている車の安全装備・操作は、パッシブセーフティ(衝突安全)、アクティブセーフティ(予防安全)の、大きく二つに分類されます。
まずパッシブセーフティに含まれる装備は、シートベルト、チャイルドシート、エアバッグ、衝突安全ボディ、ロールケージ、レーシングスーツ、ヘルメットがあります。事故などが起きた時に人体などに与える影響を最小限にしようと考えらえた装置のことです。中でも3点式シートベルトは50年以上前に発明されながら、これを上回る発明はされていないといわれています。
アクティブセーフティは、ドアミラー、ワイパー、ナイトビジョン、横滑り防止装置(ESC)、アンチロックブレーキシステム(ABS)、クラッチスタートシステム、トラクションコントロールシステム、運転支援システム、プリクラッシュセーフティシステムのような装備があります。こちらは事故などを未然に防ぐための技術です。最新の電子制御技術、レーザー技術、解析技術を活用することで、また新たな装置の開発が続いています。
もちろん安全運転に徹するのが大前提ですが、これらを可能な限り装備した車が多くの人々を危険から遠ざけ、あらゆる人々の命を守ることは疑いありません。携帯電話01

コメントは受け付けていません。