カーテンシールドエアバッグって?

カーテンシールドエアバッグは車が横から衝突してきたさいに乗車している人をほごするため、サイドからカーテンのようにエアバッグが飛び出す仕組みになっています。

 

それにより、乗車している人を飛散するガラスや衝撃などから守ります。
この様なエアバッグは技術開発が進み、手ごろなオプション費用で簡単に注文できるようになりました。

 

近年では軽自動車などの小型車でもこうしたサイドを保護するエアバッグを取り付けられるようになり、需要がますます高まっています。
もちろん、後からの取り付けも可能ですが、中には外国製の粗悪なエアバッグが安く売られていることもありそうした製品を選んでしまうと、正しく作動しなかったり、誤作動をしてしまう可能性があるため注意が必要です。

 

また、エアバッグの取り扱いは非常に危険なため、専門の業者に任せるようにしましょう。
自分で取り外したり、取り付ける場合、ちょっとした静電気や衝撃などで暴発してしまい大けがをしてしまう可能性があります。
もっとも、安く取り付ける場合には、車を購入するさいに取り付けておくと、国産のエアバッグを安く確実に取り付けてもらうことができます。

 

しかしながら、エアバッグに頼りすぎることなく安全運転を心がけることが重要です。

ビジネス男性07

コメントは受け付けていません。