‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ニーエアバッグ

2014/06/17

テクスチャー01

 

エアバッグとは衝突を感知すると膨らんだ袋が乗員を保護する装置のことです。多くの車はエアバッグが標装備となっていますが、そのエアバッグも日々進化を遂げています。装備され始めた初期の頃には運転席にしか付いていなかったものが、助手席、側面にも取り付けられるようになり、中でも膝にかかる衝撃を緩和するために開発されたのがニーエアバッグです。

 
まず前面の衝突時に、ダッシュボードと乗員の膝の空間を埋めるように袋が膨らみます。すると乗員の腰から下部分を受け止め腰の移動量を少なくします。すると腰ベルト、肩ベルトにかかる荷重、胸部や腹部にかかる負荷が低減されるのです。

 
これまで事故の際に、シートベルトが胸部、腹部へ与えるダメージが問題になっていました。これは腹部圧迫を和らげるための装置ということができます。もちろん、シートベルトをしていなければ、乗員はそれこそ更なるダメージを受けるのは間違いありません。

 
気をつけなければならないのは、これを含めたすべてのエアバッグにいえることですが、シートベルトを装着した状態でエアバッグは設計されている点です。エアバッグのみでは、事故状況によって効果が期待できないことも考えられます。

 

カーテンシールドエアバッグって?

2014/06/17

カーテンシールドエアバッグは車が横から衝突してきたさいに乗車している人をほごするため、サイドからカーテンのようにエアバッグが飛び出す仕組みになっています。

 

それにより、乗車している人を飛散するガラスや衝撃などから守ります。
この様なエアバッグは技術開発が進み、手ごろなオプション費用で簡単に注文できるようになりました。

 

近年では軽自動車などの小型車でもこうしたサイドを保護するエアバッグを取り付けられるようになり、需要がますます高まっています。
もちろん、後からの取り付けも可能ですが、中には外国製の粗悪なエアバッグが安く売られていることもありそうした製品を選んでしまうと、正しく作動しなかったり、誤作動をしてしまう可能性があるため注意が必要です。

 

また、エアバッグの取り扱いは非常に危険なため、専門の業者に任せるようにしましょう。
自分で取り外したり、取り付ける場合、ちょっとした静電気や衝撃などで暴発してしまい大けがをしてしまう可能性があります。
もっとも、安く取り付ける場合には、車を購入するさいに取り付けておくと、国産のエアバッグを安く確実に取り付けてもらうことができます。

 

しかしながら、エアバッグに頼りすぎることなく安全運転を心がけることが重要です。

ビジネス男性07

サイドエアバッグについて

2014/06/17

最近の自動車には大変多くの安全装置が装備されており、もしもの際にもできる限り衝突のショックを和らげるように工夫されています。

 

衝突事態を防ぐ設計の自動車も人気となってはいますが、巻き込まれてしまった場合には防ぐことは困難なことも大変多くあります。
そのためあらゆる可能性を考えての安全設計がされていることが多くなっています。
衝突の衝撃を緩和するものとしてエアバッグがありますが、以前のエアバッグは運転席のハンドル部分にのみ装備されているものがほとんどで、同乗者を守る装備としては不十分でした。

ビジネス男性08

ですが最近の自動車には助手席側にもしっかりと装備されているものが多くなっており、より安全を考えた設計となっています。
中にはサイドエアバッグを装備して、あらゆる方向からの衝撃に対しても安全を意識したものとなっています。
オプションでこのような装備も選べるようになっているため、さらに多くの箇所にエアバッグを装備することも可能となっています。
万が一のことを考えると、このような安全装置が大変重要なものとなります。

 

絶対に安心できるというものではありませんが、充分な装備をしておくことでより安心へと結びついていくものと思います。

運転席・助手席エアバッグ

2014/06/17

ビジネス男性09

 

各自動車メーカーともに力を入れているのは安全性能です。

 
もしもの時にしっかりと安全が保たれることを求めて、たくさんの研究がされています。
様々なアシスト機能や衝突時のショックを和らげるものが多くありますが、その中でもエアバッグはとても有効な安全対策と考えられます。
運転席のハンドルに装備されていることが多く、衝突時に膨らんで頭部を守る働きをしています。

 

最近では運転席だけでなく助手席にも標準装備されている自動車が多くなり、より安全性を高めたものとなっています。
オプションではありますが、後部座席にも同様に装備することが可能となっており、後部に乗客を乗せることの多いタクシーやハイヤーでは装備されている自動車も多くなってきています。

 

ですがすべてが安全というわけではありません。
正しい姿勢で自動車に乗っていることを前提に設計されているため、極端に姿勢を崩した状態やシートベルトをしていない場合には危険と感じることも少なくはありません。

 

しっかりと前向きでシートベルトを締めることが何よりも安全へとつながるのです。
そしてもしもの時にはこのような安全装置が働いて、ショックから体を保護するように設計されているのです。

エアバッグの役割

2014/06/17

エアバッグとは正面衝突した時に、瞬時に膨らんだ袋体を用いて乗員がハンドルやインストルパネルなどに直接衝突することを防ぐことによって、頭部や胸部への衝撃を緩和する装置のことを言います。

 
初期では運転席のみでしたが、現在では助手席や側面からの衝突、膝にかかる衝撃を緩和する装置も導入されています。また、オートバイや自転車のライダー用、歩行者用もあり、火星探知機が火星に着陸の際に利用されるなど、衝撃吸収のために幅広く利用されています。
膨らむ条件は時速20km~30km程度以上の速度で、コンクリート壁のような強固な構造物に衝突した場合や、それと同様の衝撃を自動車などと衝突した際に受けた場合です。ビジネス男性10

 
正面衝突時でも膨らまない時があります。例を挙げますと電柱などにぶつかり、自動車の全面の一部が極端に変形するような場合。前方のトラックの下に潜り込むような場合のように衝撃が徐々に伝わる衝突の場合。相手の車側面に衝突した時のように衝突相手の車が大きく変形したり移動するような衝突をした場合。斜め衝突した場合のように衝撃方向が分散したり、自動車が衝突の際大きく移動した場合などです。

 
また、シートベルトを正しく装着していないと十分な効果が期待できませんので、必ずシートベルトの着用が必要です。シートベルト非着用の場合死亡率が約8倍も高くなっています。

エアバッグのこと

2014/06/17

車の安全装置と言えば、エアバッグを思い浮かべる方が多いと思います。

 

近年では標準装備されており、事故を起こしてしまった場合に衝撃から身を守る効果があります。普段運転している場合には効果を実感する事ができませんが、いざ事故を起こしてしまった場合の為に設置されています。

 

構造としては、事故の衝撃によって空気によってバッグが膨らみ、人間の体が車に衝突するダメージを軽減します。シートベルトを装着していれば、さらに事故による衝撃を軽減でき、重症化を防ぐ効果が期待できるのです。

 

設置されている場所は、運転席であればハンドルに設置されている物がメジャーですが、助手席の前面にも標準的に設置されているようです。近年では側面にも設置されており、さらに安全性を高めた車両が増えています。

 

注意すべき点として、チャイルドシートを助手席で使用する場合、後ろ向きで使用しないようにしましょう。後ろ向きに使用すると、事故を起こし装置が作動した場合に、子供が飛ばされてしまい、事故による衝撃をさらに大きくしてしまう恐れがある為です。子供が小さくチャイルドシートを後ろ向きで設置しなければならない場合は、必ず後部座席で使用し、前向きで使用できる年齢になってから助手席を使用しましょう。

ビジネス男性11

 

ブレーキアシストについて

2014/06/17

車の安全装備としてブレーキアシストがあり、ここ数年で多くの自動車で装備が可能となってきています。

 

この装備は、車の前方に障害物がある時に自動でブレーキをかけてくれる機能になります。

 

近年では高齢者を中心にして、ブレーキとアクセルを間違えて車を店舗などにぶつけてしまう事件が頻繁に起こるようになりました。

ビジネス男性12

しかし、アシスト機能が装備されている車であれば、間違えてアクセルを踏んでしまっても自動でブレーキが掛かり、事故を防いでくれます。

 

以前はアシスト機能の付いた車は高級セダンなどに限られていましたが、最近では軽自動車にも搭載されるようになってきています。

 

高齢者は軽自動車に乗っている人も多いため、ブレーキとアクセルの踏み間違え対策として役立つことが期待されています。

 

この装備においては、車の前方の障害物をセンサーによって感知してブレーキを掛けることができることから、急な飛び出しにも対応が可能な状況があります。

 

そのため、装備をしておけば、人身事故などを未然に防げる可能性が高まってきます。

 

しかし、今のシステムでは完全に事故が防げる保障がされているわけではないため、あくまで補助的な役割が果たせる物という認識が必要です。

ABSとは  アンチロックブレーキングシステム

2014/06/17

ビジネス男性13

 

市販されているほとんどの乗用車に安全装置の一つであるABSが標準で装着されています。

 

これは「アンチロックブレーキングシステム」の略で、簡単に言うとブレーキをかけた際、タイヤが滑ったときにロックがかからないようにするシステムのことを言います。

 

路面が濡れていたり、凍っていたりした状態でブレーキをかけると、路面とタイヤとの摩擦係数が小さいので、トルクがブレーキによって発生するものよりも小さくなってしまうことがあります。そうなると、タイヤは路面をスリップし、ハンドルがロックしてしまいます。ハンドルがロックしてしまうと向きを変えることができなくなるので、そのまま前方にあるものに衝突してしまう危険が伴います。これを回避することができるのが「アンチロックブレーキングシステム」で、タイヤがスリップするとそれを探知して、自動で液圧を下げロックを解除します。そのためにタイヤが滑っている状態でもハンドルをきることができます。

 

「アンチロックブレーキングシステム」は雪の多い地域や路面がアイスバーンになるようなスリップが起きやすい地域では威力を発揮し、なくてはならないシステムです。

初めて「アンチロックブレーキングシステム」が作動すると「ガガガ」と作動音が聞こえ、ブレーキも重くなるのでびっくりするかもしれませんが、それでもなお強くブレーキを踏み込んでいくのがコツです。

充実した安全装備

2014/06/03

近年目覚ましい発達を遂げている車の安全装備・操作は、パッシブセーフティ(衝突安全)、アクティブセーフティ(予防安全)の、大きく二つに分類されます。
まずパッシブセーフティに含まれる装備は、シートベルト、チャイルドシート、エアバッグ、衝突安全ボディ、ロールケージ、レーシングスーツ、ヘルメットがあります。事故などが起きた時に人体などに与える影響を最小限にしようと考えらえた装置のことです。中でも3点式シートベルトは50年以上前に発明されながら、これを上回る発明はされていないといわれています。
アクティブセーフティは、ドアミラー、ワイパー、ナイトビジョン、横滑り防止装置(ESC)、アンチロックブレーキシステム(ABS)、クラッチスタートシステム、トラクションコントロールシステム、運転支援システム、プリクラッシュセーフティシステムのような装備があります。こちらは事故などを未然に防ぐための技術です。最新の電子制御技術、レーザー技術、解析技術を活用することで、また新たな装置の開発が続いています。
もちろん安全運転に徹するのが大前提ですが、これらを可能な限り装備した車が多くの人々を危険から遠ざけ、あらゆる人々の命を守ることは疑いありません。携帯電話01