ブレーキアシストについて

車の安全装備としてブレーキアシストがあり、ここ数年で多くの自動車で装備が可能となってきています。

 

この装備は、車の前方に障害物がある時に自動でブレーキをかけてくれる機能になります。

 

近年では高齢者を中心にして、ブレーキとアクセルを間違えて車を店舗などにぶつけてしまう事件が頻繁に起こるようになりました。

ビジネス男性12

しかし、アシスト機能が装備されている車であれば、間違えてアクセルを踏んでしまっても自動でブレーキが掛かり、事故を防いでくれます。

 

以前はアシスト機能の付いた車は高級セダンなどに限られていましたが、最近では軽自動車にも搭載されるようになってきています。

 

高齢者は軽自動車に乗っている人も多いため、ブレーキとアクセルの踏み間違え対策として役立つことが期待されています。

 

この装備においては、車の前方の障害物をセンサーによって感知してブレーキを掛けることができることから、急な飛び出しにも対応が可能な状況があります。

 

そのため、装備をしておけば、人身事故などを未然に防げる可能性が高まってきます。

 

しかし、今のシステムでは完全に事故が防げる保障がされているわけではないため、あくまで補助的な役割が果たせる物という認識が必要です。

コメントは受け付けていません。