エアバッグのこと

車の安全装置と言えば、エアバッグを思い浮かべる方が多いと思います。

 

近年では標準装備されており、事故を起こしてしまった場合に衝撃から身を守る効果があります。普段運転している場合には効果を実感する事ができませんが、いざ事故を起こしてしまった場合の為に設置されています。

 

構造としては、事故の衝撃によって空気によってバッグが膨らみ、人間の体が車に衝突するダメージを軽減します。シートベルトを装着していれば、さらに事故による衝撃を軽減でき、重症化を防ぐ効果が期待できるのです。

 

設置されている場所は、運転席であればハンドルに設置されている物がメジャーですが、助手席の前面にも標準的に設置されているようです。近年では側面にも設置されており、さらに安全性を高めた車両が増えています。

 

注意すべき点として、チャイルドシートを助手席で使用する場合、後ろ向きで使用しないようにしましょう。後ろ向きに使用すると、事故を起こし装置が作動した場合に、子供が飛ばされてしまい、事故による衝撃をさらに大きくしてしまう恐れがある為です。子供が小さくチャイルドシートを後ろ向きで設置しなければならない場合は、必ず後部座席で使用し、前向きで使用できる年齢になってから助手席を使用しましょう。

ビジネス男性11

 

コメントは受け付けていません。